手作りで結婚指輪を製作するときのメリット

Marriage.info

手作り結婚指輪は二人で作れるから思い出にもなる

手作りで結婚指輪を製作するときのメリット

男女

自由度が高い

手作り結婚指輪は、デザインの自由度が高いことがメリットの1つとして挙げられます。指輪に彫るデザインや、リングの形状、素材などを二人で自由に決めることが可能です。アトリエによって指輪デザインの自由度は変わるので、事前にどこまでデザインを決められるのか調べておきましょう。

二人で作ることができる

フルオーダータイプの結婚指輪は二人のイメージをデザイナーに伝えてそのデザインを職人が作るシステムです。しかし、手作り結婚指輪では、実際にデザインを考えたあとに二人で模様を削ったり、加工をしたりすることができます。ベースが完成すれば、最後は指輪作りの専門家が仕上げや修正を行ってくれるので安心です。結婚指輪を購入するだけではなく製作することもできるので一生の思い出になります。

価格がリーズナブル

手作り結婚指輪は、ベースがあれば二人で製作を行うので、フルオーダータイプの結婚指輪に比べて価格が安くなる傾向にあります。また、選ぶ素材やデザインによっても価格を調整することができるので、予算をおさえたい方にもオススメです。自分で作れるだけではなく費用もおさえることができる手作り結婚指輪は年々人気が高まってきています。

婚約指輪と結婚指輪の違い

婚約指輪

婚約指輪は婚約をする前に購入します。男性から女性にプロポーズをするときにその証明として一緒に贈ることが一般的です。婚約指輪の文化は古代ローマの時代にはすでに始まっていたといわれています。

結婚指輪

結婚指輪は結婚するときの誓いとして使われる指輪です。結婚式のときにお互いで指輪を交換することが一般的です。結婚したあとは肌身離せず身につける人がほとんどです。

広告募集中